柳川市観光協会

english

みどころ

旧戸島家住宅

  城内地区の西端、鬼童町の一角に、旧柳川藩士の隠宅として建てられた数寄屋風の意匠を持つ葦葺屋根の建物が、堀割から水を引き入れた池を持つ国の名勝庭園と併せて趣のある空間を形成しています。
内部には、江戸後期の流行を反映して随所に文人趣味の意匠がみられます。

→ その他の写真を見る(詳細)

沿 革

旧戸島家住宅の建築は古く、戸島家の伝承や昭和6年(1931)に福岡県が実施した調査では、寛政年間(1789〜1800)と伝えられています。

また、庭園に残る石碑や建造物、古文書の調査等から文政11年(1828)の建築が考えられます。

柳川藩で中老職の要職に就いていた吉田兼儔が隠居後の住処として庭園と共に建築した葦葺二階建ての建物で、後に藩主の立花家に献上されたといわれています。

維新の頃に藩兵の調練所として徴発された宅地の代償として立花家から由布氏に下賜され、明治15年(1882)頃に由布氏の転居に伴い戸島氏の所有となったようです。

その後は主に住宅として使用されましたが、柳川地方の武家住宅に典型例として、昭和32年(1957)に建物と庭園がそれぞれ福岡県の文化財に指定されました。

昭和53年(1978)には、庭園が国の名勝に指定されています。

平成13年(2001)に柳川市に建物が寄贈され、平成13年度から平成15年度まで3年をかけて解体修理を行い、平成16年(2004)4月に一般公開を始めました。


詳 細

■ 開館時間: 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
■ 休館日: 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合はその次の日)
        年末(12月29日〜1月3日)
■ 観覧料: 一般(小学生以上)100円
■ その他: 北原白秋生家入館者は無料です。
        受付でチケットをご提示ください。
        文化活動にもご利用できます。
         詳しくはお問い合わせください。